日光の当たらないところで保管しましょう

未分類

切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行する立場にある人も理解していて切手それ自体には発行の際のコストは高くはないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。

そういう風な経緯で発行された記念切手というものは買取価格が高い値段になることもよくありますが「記念切手」であっても希少価値の低いものは高価格での買取になる可能性は低いです。

高く売れるだろうと思い込まずに査定してもらうことをオススメします。ご存知と思いますが、本来、切手は郵便物に使う時のような大きさに一つずつ切り分けてあるということはありません。

初めは切手数枚が繋がった切手シートという状態で出来上がります。

切手の買取の場合、切手シートとなっていても買取はしてもらえてバラ切手での買取よりも高く買い取られることになることが多いです。旧価格である切手を新しい価格の切手に換えてもらう時にはそれらの差額に加えて、別に手数料を支払う必要があります。

10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。新規に購入してしまった方が、賢明な場合も多いですし、時と場合によっては、切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。切手は紙製であるということから、予想以上に破れたり劣化したりしやすいものです。なかでも、熱や湿度の変化に弱く、高値での買取を実現するためにも、保管状態には気を配りましょう。

ストックリーフやストックブックを利用して、日光の当たらないところで保管しましょう。また、湿気も避けてくださいね。
もしバラの切手であっても買取してもらうことは出来るみたいですね。
私は初めて知りましたが切手買取時の台紙に貼りつけ方について調べてみたところ並べ方に気を付けて、きっちり並べないといけないようなのでちょっときつそうです。とはいえ、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、手間をかけてやってみるのもアリかなと思います。

手放したい切手があり、売却する場合、専門の切手買取業者に売るのもありですが、金券ショップでも買い取ってもらえるので、利用してみましょう。多くの町に金券ショップはあり、買取も販売もしているので利用したこともあるのではないでしょうか。売り手と買い手の関係で買取レートは絶えず動いており、業者による買取価格の違いも大きいので複数の店舗に持ち込んで査定してもらってから最終的な買取先を決めたほうがいいでしょう。大体の切手の買取においては、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたが近年は買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。
たくさんの切手を売りたいという時に、店頭へ運ぶのは骨の折れる仕事です。その他にも、ご自宅から業者まで距離がある場合は、要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。

額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、査定の時には現状を見られて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。

それを念頭に置き、今の状態をキープしながら相場に見合った、あるいはそれ以上の値段でプレミアムな切手を手放したいのなら、いつも切手の保存状態にはチェックを怠らないでください。
殆どの切手買取業者では、プレミア切手と呼称される切手の買取も承っています。「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。
これは、明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。
めったにないものなので、シートとしてでなくバラであっても高く買い取られる見込みがあります。使わない切手を売りたいと思い、買取ってもらえたとしても大体の場合、額面の料金そのままでなく、何パーセントか安い値段で買取が成立することが殆どです。しかしながら、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、高額で買い取りに至るなんて場合もあります。
自分で買取に出そうと思っている切手にどのくらいの価値があるのか幾らかは分かっておいた方がいいと思います。